スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年04月09日

フォトフェイシャルによる肌トラブルの改善範囲

たるみやしみの改善方法として、フォトフェイシャルを行う人が増えています。
フォトフェイシャルの治療を受けるには、
肌チェックとカウンセリングにより肌トラブルの原因を確認します。


フォトフェイシャルを受ける前に、肌の血流を改善して老廃物の排出を促し、
肌に必要な成分を与えるなどして準備を行います。
ストレスの蓄積で肌荒れが起きないよう精神状態を整えつつ、
肌の細胞1つ1つを向上させていきます。


専用の光を放つ機器によって肌に光をあて、
真皮層に働きかけるのがフォトフェイシャルの施術です。
人間の皮膚の奥には線維芽細胞という細胞があり、コラーゲンや酸性ムコ多糖類など肌の
若々しさを維持する成分を作っていますが、この作用をフォトフェイシャルで強めます。


血の巡りの良くなっていた線維芽細胞が更なる刺激を受けたことで、効果は倍増するでしょう。
たるみやしわだけでなく、にきびにもフォトフェイシャルは作用します。
にきびの源である毛細血管やにきびにフォトフェイシャルの光が照射されると、
フォトフェイシャルの高周波が熱に変化してにきびを壊してくれます。


フォトフェイシャルの光はメラニンや毛細血管のない部分には無反応なので、
にきびだけを破壊し他の部分にダメージが来ることはありません。
フォトフェイシャルは広範囲に施術をすることができますので、
顔全体の引き締めやしみ解消に効果があり、部分的な施術というより全体への施術となります。


ポイントを絞った効果ではなく、フォトフェイシャルを行う場合はトータルバランスを
考えたアンチエイジングや肌の引き締めが主になります。


フォトフェイシャルは現在の肌質向上方法ではトップレベルの施術方法といえます。
計画的に行えば、かなり早い時期に自分の理想とする肌若返りが実現出来ます。  


2012年04月09日

フォトフェイシャルが人気になる理由

フォトフェイシャルが人気になる理由は、ほとんどの肌トラブルに対応できるという点ですね。
レーザーやリフトアップといった美容施療は部分のみで行われることが多く、
その箇所だけの効果になってしまいがちです。


フォトフェイシャルの利点は顔のありとあらゆる部分に一度に施術ができる点であり、
毛穴の対策や肌質の改善、しみやくすみの解消など多くの改善効果があります。
たるみやしわの気になる肌にフォトフェイシャルを施すことによって、
毛穴の引き締めやしわの解消効果も期待できます。


フォトフェイシャルを照射することで肌はコラーゲンの生成能力を回復させ、
ハリや潤いが得られます。
お肌がふっくらとして決め細やかな美肌に近づきます。


フォトフェイシャルでコラーゲンの生成能力を高めることにより、
肌にハリが戻り毛穴が引き締まってわかりにくくなるといいます。
ソバカスやシミを除去したいという方にも、フォトフェイシャルの作用は役に立ちます。


メラニンの増加によって見られる肌の症状は、フォトフェイシャルの効果でメラニン分解が進めば、
結構すぐに変化が確認できるといいます。
顔全体が赤らんでいるという方も、フォトフェイシャルによって緩和が可能だといいます。


フォトフェイシャルでの改善が可能な皮膚症状には限界があり、
ほうれい腺や額にはっきりと刻み込まれたしわや、真皮層まで達するほどの濃いシミなどは難しいといいます。
フォトフェイシャルの治療前にはクリニックでのカウンセリングを必ず受けることをお勧めします。


このように、フォトフェイシャルで施術することにより比較的短期間で、自分の理想とする
若返りが可能となります。費用が結構掛かりますので、その日に備えて、貯めていきましょうね!  


2012年04月09日

フォトフェイシャルとレーザー治療の相違点

フォトフェイシャルとレーザー光による施術は何が違うの?
レーザー光とフォトフェイシャルの光では、単に新しいか古いかではなく、はっきりとした差があれます。
レーザーの光は非常に強いので、これまでのレーザーによる方法では肌質によって色素が沈着したり、
肌がかさぶたができてしまうことがありました。


レーザー治療後の数週間は施術部位に触れることが出来ず、少し不便な点がありました。
レーザーほどの強い光をあてずとも十分な効果が得られることがフォトフェイシャルの利点であり、
撮影時のフラッシュ程度の光などで肌に対しても安心です。


フォトフェイシャルならば、施術後すぐにメイクをすることもできます。
フォトフェイシャルなら、日頃から人と接することが多い忙しい方でも、
手術時間さえ確保できれば施術を受けられます。


また、レーザーによるこれまでの治療では、一度にそれほど広いエリアへの施術はできませんでした。
その点、フォトフェイシャルならば、広いエリアを一遍で済ませることができます。
フォトフェイシャルの所要時間は、レーザー光の施術よりずっと短いでOKなんです。


アンチエイジングにフォトフェイシャルが効果があるとされている理由に、
肌に弾力性を取り戻したるみを解消し、毛穴の状態を良くするなど色々な面に作用する点があります。
フォトフェイシャルは、現時点でレーザー治療によるアンチエイジングを考えている方にも
最も興味を持っていただきたい施術です。  


2012年04月07日

フォトフェイシャルですべすべお肌の再生方法

フォトフェイシャルを、アンチエイジングや美肌を望む方々の間では、
美容医療の最先端といわれて受けている方が増えているそうです。

フォトフェイシャルとは、光でお肌を若返らせることが出来る美容施術の方法です。
効果が高く肌への刺激の少ない光を若返らせたい肌にあてることで、
肌が元来持っている再生力を促し、若い頃の肌を取り戻すことができます。

肌のしみやくすみはメラニンの過剰生成が関わっていることがあり、
フォトフェイシャルではこれらの成分の排出を助けてくれます。
年齢と共に目につきやすくなりがちなしみやくすみは、
フォトフェイシャルでまとめて除去しましょう。

肌の潤いを維持するコラーゲンは、フォトフェイシャルの作用で増加が期待できます。
年と共に失われた若い頃の肌の弾力を、フォトフェイシャルによって取り戻すことができます。
フォトフェイシャルはお肌にダメージを与える成分にしか反応しないので、
正常な細胞を傷付ける心配はないそうです。

フォトフェイシャルの費用は1回あたり6万円前後が相場のようです。
大多数のフォトフェイシャルでは、数週間毎に3度~5度の施術を受けるというスタイルが取られています。
効果の持続期間は数年で、肌は少しずつ元の状態に戻っていってしまうといいます。
痛みも手術痕もないフォトフェイシャルで肌のアンチエイジングをするという画期的な方法をぜひ試してみてください。


この上ない方法でお肌の再生化が出来るなんて夢のような方法ですね!
ただ現実的にこの方法が実施できる人はごく限られた富裕層になりそうですね。
私には到底無理です。残念です。