2012年04月09日

フォトフェイシャルによる肌トラブルの改善範囲

たるみやしみの改善方法として、フォトフェイシャルを行う人が増えています。
フォトフェイシャルの治療を受けるには、
肌チェックとカウンセリングにより肌トラブルの原因を確認します。


フォトフェイシャルを受ける前に、肌の血流を改善して老廃物の排出を促し、
肌に必要な成分を与えるなどして準備を行います。
ストレスの蓄積で肌荒れが起きないよう精神状態を整えつつ、
肌の細胞1つ1つを向上させていきます。


専用の光を放つ機器によって肌に光をあて、
真皮層に働きかけるのがフォトフェイシャルの施術です。
人間の皮膚の奥には線維芽細胞という細胞があり、コラーゲンや酸性ムコ多糖類など肌の
若々しさを維持する成分を作っていますが、この作用をフォトフェイシャルで強めます。


血の巡りの良くなっていた線維芽細胞が更なる刺激を受けたことで、効果は倍増するでしょう。
たるみやしわだけでなく、にきびにもフォトフェイシャルは作用します。
にきびの源である毛細血管やにきびにフォトフェイシャルの光が照射されると、
フォトフェイシャルの高周波が熱に変化してにきびを壊してくれます。


フォトフェイシャルの光はメラニンや毛細血管のない部分には無反応なので、
にきびだけを破壊し他の部分にダメージが来ることはありません。
フォトフェイシャルは広範囲に施術をすることができますので、
顔全体の引き締めやしみ解消に効果があり、部分的な施術というより全体への施術となります。


ポイントを絞った効果ではなく、フォトフェイシャルを行う場合はトータルバランスを
考えたアンチエイジングや肌の引き締めが主になります。


フォトフェイシャルは現在の肌質向上方法ではトップレベルの施術方法といえます。
計画的に行えば、かなり早い時期に自分の理想とする肌若返りが実現出来ます。


同じカテゴリー(フォトフェイシャル)の記事
 フォトフェイシャルが人気になる理由 (2012-04-09 07:34)
 フォトフェイシャルとレーザー治療の相違点 (2012-04-09 07:18)
 フォトフェイシャルですべすべお肌の再生方法 (2012-04-07 07:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フォトフェイシャルによる肌トラブルの改善範囲
    コメント(0)